美容室では店長指名が一番は実は誤解かも

美容室では店長を指名する人も多い

複数の美容師がいる美容室の場合、スタイリストに店長を指名するという人は多くいます。
自分の美容室の経営者である店長は、スタイリストとしての技術やキャリアは申し分ありません。
店長としても、また美容室に足を運んでもらうためには、指名されたら持てる技術を存分に発揮して満足してもらおうと考えるでしょう。
お客さんの中には、店長を指名すること自体にステイタスを感じる人もいます。
他のお客さんの前で、店長でお願いと言うことに優越感を感じ、自分は他のお客さんとは違うということを店にも再認識させたいという気持ちを持っているのが特徴です。
こうしたお客さんは、スタイリストは店長に限るとして、他のスタイリストは受け付けない傾向が強いことがしばしばあります。

店長なら大満足とはいかない美容室の仕上がり

店長がついてくれるなら、どんな仕上がりであっても満足というステイタス重視の人には、店長指名は向いていると言えます。
とにかく大事なのは、店長がしてくれることだからです。
店長にしてもらうことに特にこだわりがないという人は、もしかすると店長指名が仇になる可能性が高いかもしれません。
それというのも、店長は経験とキャリアを長く積んできたことにより、仕上がりになんだか野暮ったいと感じることもあるからです。
人は自分が学んできたことや、長く続けてきたことが一番と考えるところがありますので、もしそうした考え方を持つ店長であれば、仕上がり具合に一昔前の雰囲気が混ざってしまう可能性が高くなってしまいます。
最新のヘアスタイルにしたいという人や、今流行っているヘアスタイルがいいという場合は、そこそこ経験を積んだ若いスタイリストを指名するのがおすすめです。
同年代と思えるような美容師がいれば、その人を指名した方がいいでしょう。
今の流行りをしっかり知っていて、同じ世代ならではの感覚や気持ちを理解してもらえるからです。

青砥には有名な美容室があります

研究熱心な店長なら大丈夫

キャリアも技術も申し分ないとはいえ、年齢を重ねた店長は無難なヘアスタイルにはいいものの、最新のヘアスタイルにはどうもイマイチというリスクがあることを考えると、店長自身の姿勢を見抜くことが求められます。
十分なキャリアと技術がありながらも、最新のヘアスタイルの情報収集に熱心で、こうしたヘアスタイルを作り上げるにはどうしたらいいかを日々考えている人なら、店長指名は美容室に複数いるスタイリストの中で、最も失敗のリスクが低い美容師となるはずです。